VOL.35 新たな業務展開を考えるうえでの注意点

カテゴリ 【

VOL.35 新たな業務展開を考えるうえでの注意点

2021年11月19日 【

新型コロナウイルスの蔓延により、特に飲食業界は深刻な状況下にあります。 国や地方公共団体の支援を受け、店頭での弁当、野菜をはじめとする食材の販売を開始した事業者の方々が多くいらっしゃいます。このように、新たな業務展開を伴うケースでは、商標法上、留意すべき点があります。   定食屋や居酒屋などの飲食店において、料理や飲物を店内で提供し、お客に対しその場(つまり店内)で消費させる業態は、「飲…


詳細を見る

VOL.32 「商標権」について

2021年10月29日 【

今回は商標権についてご説明します。商標権は皆様にとって最も身近な知的財産権といえます。皆様は普段、数えきれないほどの商標を目にし、或いは耳で聞いているはずです。 商標権とは、自己の使用する商品・役務(※1)を表すロゴやネーミング等を保護するための権利です。商標権を取得すれば、権利者は独占排他的にその商標を使用できます。 例えば、アサヒグループホールディングス株式会社(以下、「アサヒ社」と略記します…


詳細を見る

VOL.27 「中国」における商標登録制度について

2021年09月24日 【

今回は中国における商標登録制度について説明します。 ここ最近、中国で日本の地名を含む商標が登録されたことが問題視されています。 この問題は10年以上前から存在し、2006年に中国でとある個人が「讃岐烏冬」を出願し、後に商標登録された例があります。「讃岐烏冬」を日本語に翻訳すると「讃岐うどん」になります。この登録商標は結局、香川県等が登録異議の申し立てを行ったことで取り消されました。 ここで気になる…


詳細を見る

VOL.26 「社名」と商標について

2021年09月17日 【

今回は社名と商標についてお話します。 「株式会社を設立するにあたり、社名は商標登録する必要がありますか?」という質問をよく受けます。 法務局で登記が認められれば商標登録しなくてもよい、と思っていらっしゃる方が多いですが、正確ではありません。登記は簡単に言うと、同一の住所に同一の社名がなければ登記が認められます。それ故、全国規模でみると同じ社名が複数存在するケースが起こり得ます。その一方で、商標権は…


詳細を見る

VOL.24 新元号「令和」の商標登録について

2021年09月3日 【

2019年5月1日より新元号「令和」がスタートしました。 この「令和」について、商標登録できるか否かについて話題になっております。 「令和」は商標登録できない、といった情報が多く散見されますが、これは必ずしも正確ではありません。   今回は「令和」の商標登録についてご説明します。   商標法では、商標登録が認められない商標について規定した条文が第3条と第4条に設けられています。…


詳細を見る

VOL.23 意外な登録商標について

2021年08月27日 【

今回は意外な登録商標をご紹介します。 登録商標は特許庁の審査を通過して権利(商標権)が発生した商標を指します。商標権が発生すると、商標権者は、指定した特定の商品や役務(サービス)に対して登録になった商標を独占排他的に使用できるようになります。 以下は商標権が発生している商標(登録商標)の一覧です。   登録商標         権利者              普通名称 1.テトラポッド…


詳細を見る

VOL.15 「そだねー」商標出願について

2021年07月2日 【

以前、複数の者が「菓子」等を指定して「そだねー」という商標を立て続けに出願していたというニュースが大々的に報じられました。今回はこれらの出願に係る商標「そだねー」が商標登録を受けられるか、検討したいと思います。 「そだねー」は「そうだね」の方言で、平昌五輪で日本女子カーリングチームが試合中に発言したことをきっかけにメディアが大々的に報道し、これにより世間一般に広まりました。   実は過去…


詳細を見る

VOL.14 「あまおう」の商標権について

2021年06月25日 【

今回は前号に引き続き、「あまおう」の商標権に関する説明をしたいと思います。   前号のおさらいですが、農協は「果実」、「野菜」、「苗」を指定して「あまおう/甘王」を商標登録しております。その一方で、「菓子」についてはA社が商標登録しており、したがって農協は無断で「あまおう/甘王」というネーミングの菓子を販売することができません。皆様の中には、どうしてA社は有名な苺のネーミングである「あま…


詳細を見る

VOL.13 商標を保護する際の考え方について

2021年06月18日 【

今回は商標を保護する際の考え方について、事例を基に説明します。 予備知識として、商標登録を受けるためには、保護を求めるネーミングやロゴの他に、ネーミング等を付す商品又は役務を指定する必要があります。 「VAIO」に対する「パーソナルコンピュータ」のような関係です。ネーミングやロゴのみでは商標登録を受けることができない、ということをご理解ください。   有名な苺として「あまおう」が知られて…


詳細を見る

VOL.12 「商標権」を取得する必要性について

2021年06月11日 【

今回は商標権を取得する必要性について、大々的に報じられた「ハレノヒ事件」と絡めてお話したいと思います。   「ハレノヒ事件」を簡単に説明しますと、サービス利用者がA社に成人式用の着物のレンタルを依頼したところ、予定日になっても届かずに大問題となった事件です。報道によれば、「ハレノヒ」というネーミングは、問題を起こしたA社とは全く関係のない同業のB社も使用しており、B社は勘違いした一部の消…


詳細を見る

ご相談やご質問等、お気軽にお問い合わせください。

お電話

tel. 092-711-1707

fax. 092-711-0946

10:00~18:00/土日・祝休

お問い合わせ
お問い合わせフォーム